【雑誌なんでもQ&A】『CREA Traveller』は、毎回何人のスタッフで取材・撮影をしているの?

折居 卓さん
tricca ginza店長  このサロンの求人を見る

『CREA Traveller』をお店に置いているんですが、まるで写真集のように美しいビジュアルに異国への想像がかきたてられて、一ファンとして僕も毎号楽しみにしています。あんなにクオリティの高い写真ばかり撮るのは、本当に大変だろうと思うんです。
そこで、毎回雑誌の制作には、カメラマンやライターなどどのくらいの人が関わっているのか、どんな点が大変かなど、制作の裏側が気になります!

 

答えてくれるのは>>>
『CREA Traveller』編集長の倉林里実さん

鋭いご質問をどうもありがとうございます(笑)。編集部は実は、編集長と副編集長の2名だけなのです。

特集はひとつの旅先を100ページ以上にわたり、深く掘り下げます。それを私と副編集長の2班で担当。人数が多いときは1班につきカメラマン、ライター、現地コーディネーター、私たち編集部が同行して4名となります。最大計8名ですね。ただ現地ライターさんに直接依頼することもあり、その場合、編集部は同行せず、カメラマンさんと2名の班になります。

取材中は毎日が分刻みです。夜明けや夕焼けの写真が読者に人気ですが、欧州の春夏は夜9時頃まで日が暮れない、冬は午後3時で日が落ち始める、など日本とはまったく違う条件。結局、朝は5時ぐらいから撮影が始まり、そのまま取材スタート。朝食をとり損ねると夜まで食べられないのもたびたびです。Travel(旅する)の語源は、Travail(苦労する)。これを、まさに痛感中……。

でも旅をする、違う場所へ移動するだけでも自分たちの日常の時間が止まり、いろいろなことを客観視できます。機会があれば、ぜひお出かけください!

 

CREA Traveller(クレアトラベラー)
国内外のハイクオリティな旅の情報を美しいビジュアルとともに紹介するトラベルマガジン。
文藝春秋/3・6・9・12月5日刊/特別定価1,350円(税込)

関連記事一覧